私たち坂口損保は、誠心誠意、皆様の保険選びをサポート・フォロー致します!保険のことならお気軽にご相談ください!

TOP > メルマガ第85号「コンビニ駐車場に潜む危険と安全確保のポイント」について

 :  メルマガ第85号「コンビニ駐車場に潜む危険と安全確保のポイント」について

朝夕はめっきり冷え込むようになりました。
お体の調子はいかがですか。

利用者の多いコンビニは、車だけでなく歩行者、自転車などさまざまな交通パートナーが出入りしてい
ます。
駐車場内はスピードが出ていないこともあって気が緩みがちですが、実は周囲への安全確認が特に 必要な場所です。
今回はコンビニ駐車場に潜む危険と安全確保のポイントをご紹介します。

【コンビニ駐車場に潜む危険】
○駐車場は死角が多い
駐車車両は死角を作ります。
ワンボックスカーのように車高の高い車はもちろんですが、乗用車の場合でも、子どもや車椅子の人は隠されてしまうことがあります。
また、配送用のトラックが駐車している場合には、より一層死角が大きくなり、歩行者や自転車の発見が遅れることがあります。

○利用者の動きが重なる
コンビニ駐車場は、歩行者と車の通行区分がはっきりしないため、どこから歩行者が現れるかわかりません。
自転車も同様で、駐輪場所に駐輪しないことも多く、知り合いの歩行者のところへ寄っていったりと、車、歩行者、自転車それぞれの動きが複雑に交錯します。
また、車止め付近を通行している歩行者もいますから、駐車時に両側の車ばかり気にしていると危険です。

○駐車場を通り抜けに利用する車もある
信号のある交差点の角にコンビニがある場合、左折車が赤信号で停止することを嫌って、コンビニの駐車場を
通り抜けようと急に進入してくることがあり、駐車場から出ようとするときなどに衝突する危険があります。
自転車やバイクも同様の行為をすることがありますが、こうした車は駐車するわけではありませんから、あまり減速しないケースもみられ、発見が遅れると事故につながるおそれがあります。

【コンビニ駐車場での安全確保のポイント】
○死角に注意し徐行して進行する
駐車場内では、決して油断せず、駐車車両の死角に注意して、いつでも停止できるよう徐行して進行しましょ
う。
特に子ども連れの家族が歩いている場合は、親と子どもが手をつないでいるかどうかを確認しましょう。
万一、手をつないでいない場合は、急に走り出したりすることがありますから、子どもの動きに十分注意する必要があります。
また、子どもを乗せた自転車や高齢者の乗った自転車など動きが不安定な自転車が駐車場内を通行しているときは、一時停止して様子をみましょう。

○通り抜けの車や自転車に注意する
駐車するためではなく、通り抜けるために駐車場を利用する車もいます。
こうした車は先を急いでいることも多く、あまり減速しなかったり、安全確認を十分にしないこともあります。
特に自転車の場合は、かなりのスピードで通り抜けていくことがよくあります。
交差点角のコンビニでは、通り抜けの車や自転車があることを頭に入れておきましょう。
なお、駐車場を通り抜けに利用するのは、きわめてマナーの悪い危険な行為ですからやめましょう。

投稿者:本社 稲澤

投稿日時: 2019年10月15日

メルマガ一覧

印刷用ページ このニュースを友達に送る

当社へのお電話
CALL TO THE COMPANY
事故などトラブル発生時の連絡先はこちら!
保険金・給付金の請求に関する連絡先はこちら!
当社の営業時間外は
営業日カレンダー
※赤文字の日はお休みです
※青文字の日は午前中までです
取扱保険会社
 
ページトップに戻る