私たち坂口損保は、誠心誠意、皆様の保険選びをサポート・フォロー致します!保険のことならお気軽にご相談ください!

TOP > メルマガバックナンバー
  

あけましておめでとうございます。

坂口損保の山本です。今月のメルマガは、山本が担当させて頂きます。
おかげさまで良き新年を迎えることが出来ました。
本年もよろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。
 
今月のメルマガは「国民年金保険料の後納制度」についてです。
 
国民年金保険料は納期限より2年を経過した場合、時効によって納付することができなくなりますが、過去10年間の納め忘れた保険料について平成24101日から平成27930日までの間に限り、厚生労働大臣の承認を受けたうえで、時効により納付できなかった期間の保険料を納付することが可能になりました。(保険料の後納制度の創設)

 この保険料後納制度を利用することで、年金額を増やすことはもちろん、納付した期間が不足したことにより年金の受給ができなかった方が年金受給資格を得られる場合があります。

保険料後納制度対象者は下記の方になります。
1.20歳以上60歳未満の方
10
年以内に納め忘れの期間(納付・免除以外)や未加入期間をお持ちの方

2.60歳以上65歳未満の方
1の期間のほか任意加入中に納め忘れの期間をお持ちの方

3.65歳以上の方
年金受給資格がなく任意加入中で上記1、2の期間をお持ちの方など

対象者の方については、日本年金機構から「国民年金保険料の納付可能期間延長のお知らせ」が郵送されてきます。

ご不明な点がございましたら、国民年金保険料専用ダイヤルで確認することができます。

国民年金保険料専用ダイヤル
電話番号 0570-011-050
受付時間 
月曜日
午前830分〜午後700
火〜金曜日
午前830分〜午後515
2土曜日
午前930分〜午後400

投稿日時: 2013年01月15日


 

坂口損保の光森です。今月のメルマガは光森が担当させていただきます。

朝晩、非常に寒くなってまいりました。風邪なども流行っております。十分お気をつけください(^^)

●現在の生命保険の世帯加入率や加入件数はどれくらいでしょうか?
個人年金も含めて生命保険に加入している世帯は全体の90.5%です。
世帯主は86.3%、妻は80.9%が何らかの保険に加入しています。
件数は平均で4.1件です。

●死亡保険金、入院給付金はいくらぐらいでしょうか?
死亡保険金は世帯主で1,671万円、妻は889万円となっています。
入院給付金は世帯主が10,000円、妻が8,500円です。

平均ぐらい入っていればいいというわけではございません。
その方、その家族によって加入の仕方は変わってくると思います。
いつでもご相談いただければと思います(^^)

また最近、コンビニやスーパーの駐車場での事故が急増しております。
バック時などに多いです。十分お気をつけください!

投稿日時: 2012年12月15日


 

いつもお世話になっております。坂口損保の植垣です。
年末の多忙な時期が目前ですが、皆さんどうお過ごしでしょうか?
街中には早くもクリスマスムードが漂ってきていますね。
寒さも徐々に増してきて、1年のうちでも体調を崩しやすい季節で
す。今年の冬は「暖冬になる」「寒波がやってくる」等々、
発信する機関によって予測がまちまちで情報が錯綜していますが、
今回のメルマガでは、気温に関わらず毎年この時期には注意してお
かなければいけないインフルエンザについてご案内いたします。

……… もくじ …………………………………………………………

〜11月に注意しなければならない<インフルエンザ>〜

□ 秋の終わりは冬の訪れ
□ 命名の由来
□ 症状
□ 予防
□ 新型インフル
□ 万一の入院に備え充実した保障を! <代理店広告>
□ 編集後記 〜お染風〜


………………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□秋の終わりは冬の訪れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
快適な秋が終わりを告げ、寒い冬がやってきます。
空気中に溶け込める水分は温度に応じて決まっているので、冬にな
り気温が低くなると、湿度はおのずと低下します。
さらに太平洋側では、フェーン現象の影響も加わって乾燥した状態
になりがちです。
このような原因で、冬はわたしたちの鼻や喉が、カラカラになるの
ですが、この環境が大好きなのが、インフルエンザウィルスです。
そこで今回は、大流行の本番前に、インフルエンザをとりあげます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□命名の由来
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
感染の流行が周期的に起こるので、16世紀のイタリアでは、星や
寒気の「影響((伊)influenza)」によるものと考えられていまし
た。そこから、インフルエンザと呼ばれるようになりました。

日本では、江戸時代には、話題の人物や出来事にちなみ、
「谷風」
(「谷風」は無敵の横綱でしたが、インフルエンザであっけなく亡
くなってしまいました。)
「お染風」
(※この意味はのちほど)
などと、世相を反映した名前が付けられました。

明治23年に世界的に大流行した頃から、「流行性感冒(流感)」
と呼ぶことが定着してきました。

大正7年には、「スペインかぜ」と呼ばれるインフルエンザの大流
行が世界中で猛威をふるい、日本だけで罹患者はなんと2,300
万人、死者は38万人におよんだといわれています。

歌人の与謝野晶子は新聞紙上で、「大呉服店、学校、興行物、大工
場、大展覧会等、多くの人間の密集する場所の一時休業を(なぜ)
命じなかったのでせうか」と政府の無策ぶりをを批判しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□症状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻水、咳などの症状も見ら
れます。
特に辛いのが、38℃以上の高熱、関節痛、筋肉痛、頭痛、全身倦
怠感などで、この激しい症状が5日間程続きます。
その間、体力・気力ともに消耗しきってしまいます。高齢者では、
死に至る場合もあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□予防
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インフルエンザ患者の「くしゃみ」や「せき」に含まれているウィ
ルスが、そのまま他の人に吸い込まれるか、空気中に浮遊している
ウィルスを吸い込んで感染していく、飛沫感染が中心です。

したがって、
◎人ごみを極力避ける。
◎外出する際には必ずマスクをつける。
◎外出後の「手洗い」「うがい」をする。
◎加湿器で室内の乾燥を防ぎ、ウィルスの活動を抑える。
◎十分な睡眠をとり、栄養バランスの良い食事をとる。
〜ことが大切です。

また、「予防接種」を受けることも効果的です。
残念ながら、予防接種には健康保険は適用されないので、自費での
接種となります。
費用は医療機関によって異なりますが、一回3000円〜6000
円位です。予防接種を受ける前に、医療機関に費用を問い合わせて
みましょう。
もちろん、予防接種を受けたから絶対にインフルエンザには罹らな
いということではありませんが、たとえ、罹ってしまっても軽い症
状で済みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□新型インフル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鳥インフルエンザウィルスが変異することによって、人間に感染す
ると、免疫がほとんどないため爆発的に感染し、世界的な大流行が
起こるのではないかということが心配されています。
大正7年の「スペインかぜ」の当時と現代とでは、人間の活動量は
くらべものになりません。
成田空港だけでも、1日平均8万人以上もの人々が海外と出入りし
てます。
世界のどこで新型インフルエンザが発生しても、日本に持ち込まれ
ない保障はありません。
かつて与謝野晶子が指摘したとおり、「人間の密集する場所の一時
休業」が現実のものになるかもしれません。そうなると、経済活動
はマヒし、別の社会問題が持ち上がりそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□万一の入院に備え充実した保障を! <代理店広告>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私どもの代理店では、病気やケガによる入院・手術をしっかり保障
する医療保険を、みなさまにご提案しています。

保険商品は日進月歩で進化しています。相談するなら保険の専門家
に、ぜひお声がけください!

<お問い合わせはこちらから>
 http://sakaguti-ins.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□編集後記 〜 お染風 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明治の半ばまで、庶民はインフルエンザのことを「お染風」と呼ん
でいました。「お染」とは、歌舞伎や浄瑠璃で大人気の「お染久松」
のヒロインです。
江戸浅草の油屋の娘「お染」は、親が決めた許婚がいながら、丁稚
の「久松」と、あっけなく深い恋に落ちてしまいます。
実は「久松」は、ただの丁稚ではなく、御家再興を企てる侍で、本
当は恋をしている場合ではないのですが、ともかく、これが発端と
なって、とんでもない騒動が引き起こされます。

「お染」は、あっさり恋に感染してまいましたが、インフルエンザ
の感染力も、お染の恋に劣らず相当強力であることから、インフル
エンザのことを「お染風」と呼ぶようになったそうです。

ところで、江戸〜明治半ばの庶民は「お染風」を避けるため、玄関
口に、「久松るす(留守)」というお札を貼っていたそうです。
「この家には久松さんはいませんので、お染さん(お染風)はよそ
へ行ってください」という意味の、おまじないです。

投稿日時: 2012年11月15日


 

こんにちは(o^^o)/
いつもお世話になっております。
坂口損保メルマガ第1号の担当をさせていただいております坂口損保の福岡です。
最近涼しくなり、過ごしやすい季節になりましたね(〃^∇^)
みなさん体調管理にはご注意ください!!

これから坂口損保社員が順番にメルマガを作成していきますので、それぞれのメルマガをお楽しみください。

さて、今月のトピックスは「公的年金加入者等の所得に関する実態調査」についてです。

厚生労働省では、今後の公的年金制度について議論を行うにあたって、自営業者、被用者、非就業者を通じた横断的な所得に関する実態を総合的に把握するために調査を行い、その結果を公表しました。

詳しい結果は弊社ホームページにあります、「eライフプランNavi」にアクセスいただき、ニューストピックスをご覧ください。   →  http://sakaguti-ins.com/

今回のトピックス以外にも、弊社ホームページにてさまざまな最新のトピックスを載せておりますので、ぜひご覧ください(^^)/

投稿日時: 2012年10月15日


« 1 ... 13 14 15 (16)
当社へのお電話
CALL TO THE COMPANY
事故などトラブル発生時の連絡先はこちら!
保険金・給付金の請求に関する連絡先はこちら!
当社の営業時間外は
営業日カレンダー
※赤文字の日はお休みです
※青文字の日は午前中までです
取扱保険会社
 
ページトップに戻る